石川県七尾市が好きな皆さんによって支えられてるクチコミサイトです。


by chambers_nao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

花嫁のれん

a0002252_142537.jpg
七尾一本杉で開催されている
【花嫁のれん展】を、見てきました。

花嫁のれんは、
加賀、能登の庶民生活の風習の中に生まれた独自ののれんで、
幕末から明治時代初期のころより加賀藩の能登、加賀、越中に見られる。
花嫁が嫁入りの時に花嫁のれんを持参し、
花婿の家の仏間の入り口に掛け、
そこで両家の挨拶を交わした後、花嫁がのれんをくぐり先祖の
ご仏前に座ってお参りをしてから式が始まる。
その後、花嫁のれんは新婚夫婦の入り口にかけられる。
三日目にお部屋見舞いの仲人や親戚の女性達が集まり、
花嫁持参のお道具や衣装を拝見に来る祝い客があるので、
これら来訪者のためにかけておくという。
現代では風習、しきたりを重んじる地域や旧家、石崎ほうとう祭の
祭礼時には、欠く事のできないものとして家々に受け継がれてる。

そうです。
いやいや、なかなか綺麗なものでしたよ。
帰りしな、あちこちののれんが、
なんか意識して視界に入って来ました・・・
(魚屋さんのとか、うどん屋さんのとか)。
のれん、案外生活に密着してるものですよね。
今風に言うと、タペストリーとか、色々ありますけど。
和のれん、素敵です。

是非まだ見られてない方がいらっしゃいましたら、
5月9日まで一本杉全体のショーウインドウで展示会が開催されてますので、
お散歩がてらおでかけください。
[PR]
by chambers_nao | 2004-04-30 14:26 | 七尾クチコミ情報